携帯電話で通話したときの費用

"一昔前は、携帯電話の費用がかさみました。本体代金の割賦と、さらには毎月1万円程度の料金がかかっていました。とくに通話料のウェイトが多くなります。

これは貧しいうちはなかなか辛い額になろうかと思います。1ヶ月10万円なら10分の1、1ヶ月20万円なら20分の1が携帯電話代とすると、それなりにショックです。

何しろ携帯電話は贅沢品でも一部の裕福層が持つものでもなく、必需品と化しているので、コストを下げていったほうが健康的なツールです。

いっそうのこと、固定電話しか存在しなかった時代に戻ったほうがよい、と感じることも少なくありません。

通話料は電話をかける側にかかってくるため、そのときにはびくびくしながら通話することになります。ゆっくりと話すことはできないが、ゆっくり話そうとすると、1時間や2時間はあっという間に過ぎています。それで数千円の請求があとからやってくるとすると容易く使えない、しかしどうしても携帯電話を備えておく必要性があるという時代でした。"

マネーマニュアル