借用書を書いた人

"昔に知り合った知人から聞いた話ですが、昔両親が友達に10万円貸してあげたようでした。
その時に借用書を書いてもらったようですが、結局返してもらっていなかったということが判明しました。
お役所にその借用書をもっていけば絶対に返すことになると思うのですが、たぶん友達だったからそこまでやらなかったのかと思います。
自分だったらお役所に申し出る事をすると思いますが、なんていい人なんだろうと思いました。
まずは10万円という大金をすぐに貸してあげるという事は自分の中ではありえない話なので、そんなことがあるんだなと当時は思いました。
余裕のある家庭なんだろうと思ったり、その友達が凄く大切な親友だったのかわからないのですが、親友でもお金の貸し借りはしたくないものだとずっと思っております。
百円、二百円とかの貸し借りだったらあげてもいいようなものですから何も言う事はないのですが、10万円ともなると簡単に貸せるような金額でもないので、借用書を書いてもらって正解だと思います。
友達なのでちょっとずつでも返してもらいたいですね。"

マネーマニュアル